「人工知能」関連銘柄に投資して老後資金5000万円を創りだす

48歳・自営業、妻子あり。将来の年金受給額は月84,000円(予定)。老後資金5000万円を貯める実録記。

米ロッキード・マーチンを50株(約164万円分)を購入

寝苦しい夜が続いていますので、私は最近米国株でデイトレまがいの事をして遊んでいます。

 

昨夜はロッキード・マーチンを50株~日本円で約164万円分購入しました。

 

同社は主に軍事用航空機のメーカーとして名高く「軍事」という点で好ましく思われない方も多いようです。

 

私としては短期間(一ヶ月以内)で3~5%の値上がりに期待して購入していますので、それくらい上がったらすぐに売却する予定です。

 

正直、ロッキード・マーチンが今後一ヶ月以内にその位値上がりする予測があっての購入ではありません。

 

深い考えはなく「上がったらラッキー」程度です。

 

但し、こうした短期間での売買では「思わぬ急落」に巻き込まれる事が恐怖です。

別に横ばいや若干の下落で損切りするのは「楽しみのデイトレまがい」ですからお楽しみ料として納得できます。

 

しかし、大きく下落して売るに売れない「塩漬け」状態になってしまうと困ります。

 

最悪、そうした塩漬けになるという仮定のもとでも、相応の底力を持っている銘柄であれば、そのまま「長期投資」に移行してしまえば良いともいえます。

 

新興企業であると塩漬けのまま、ズルズルと二度と戻ってこない右肩下がりに巻き込まれる可能性大ですが、底力のある企業ならいつか値を戻してくれると思います。

 

ロッキード・マーチンは軍事産業という特異分野で他を圧倒する存在です。

 

他の企業や、新たな起業家が気軽に参入できるような分野ではありません。

私は零細企業の経営者ですが、どんな規模でも企業経営である限り「他社との差別化」が出来るかどうかが生命線になると考えています。

 

その点、同社ほど参入障壁をバカ高く築けている企業は滅多にないでしょう。

 

なので、運よく短期間で3~5%上がれば利確。

下落したら、そのまま値を戻すまで長期保有へ切替。

 

…というお気軽なホールドです。

(尚、人工知能の成長に連動しようというのが当ブログの趣旨ですが、軍事産業も人工知能による大きなイノベーションを享受する事は間違いありません)

 

※他の投資ブロガーの成績も確認しましょう↓

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

 

 

 

EV(電気自動車)化の流れ止まらず!自動車業界が熱すぎ!

「トヨタとマツダが業務資本提携」というニュースが大きく取り上げられましたが、とても両社が積極的に進めた戦略とは思えず、世界のEV化の濁流に呑み込まれる中でもがいているようにしか見えません。

 

toyokeizai.net

 

フランス、イギリスでは2040年までにガソリン車、ディーゼル社の販売を全面的に禁止すると発表。

 

米国ではトヨタが積極的に進めていたHV(ハイブリッド)車がエコカーの対象から外される。

 

中国も国策としてEVを優遇。

 

特に日本の自動車メーカーからすると、ここまで世界が急速にEV化するとは予測できなかったのでは?

 

また、エンジンが無くなりモーター車になると部品が現在の3分の2程度で足りると云われています(だいぶ単純化できるのですね)。

 

そうなると、一気にEV化に舵を切ると多くの下請けが倒産しかねません。

これは既存の自動車メーカーとしては、なかなかやりづらい。

そこでHVなどでお茶を濁していたところにEVの濁流に呑み込まれた…という側面もあるのではないかと想像しています。

 

この点、ガソリン車など全く作ったことがない米テスラには何のしがらみもないのでEVのみに全力投球できるという事も非常に優位に働きます。

 

また、EVだけでなく「自動運転」技術もかなり本格化してきましたので、IT企業もここに参入してきています。

投資という点では非常に面白くなってきましたね。

 

ただ、このままEVの米テスラが勝者になるかといえば、事はそう単純でもないでしょう。

大資本を持った企業というのは、今回のトヨタのように舵を切るのが諸般のしがらみで遅れても、一度こうと決めたらその資源を一気に投下してくるので、とんでもない底力を発揮します。

 

そうなるとEV競争も新興メーカーのテスラがそう簡単には逃げ切れないと思います。

 

さて、そのテスラ株ですが、先日の好決算を受けて株価上昇したところで利確を企て、$350で売却したかったのですが$348での売却となりました。

 

売却した45株は売却の2日前に$318で購入したものですので、2日間で9.4%の利回りでしたから悪くありません。

 

決算で上昇した翌日に値を下げれば買い戻して、また2~3%の利回りを取れるようにしたかったのですが、テスラは翌日もまた3%近く上昇し叶いませんでした。

 

まあ、まだNISA分としてテスラ20株を保有していますので上がってくれてもOKでした。

現在のリスク資産を整理しておきますと次のようになります。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■リスク資産(証券口座)計…2,884,468円


・米テスラ(20株 株価$356.91)
        …$7,138.20(790,199円

・米アマゾン(2株 株価$987.58)
        …$1,975.16(218,650円

・米ドル預り金…$15,970.78(1,767,966円

・日本円預かり金…107,654円


 ※1ドル110.70円で計算

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★投資開始来(2015年8月~)の損益

ここまでの累計投資額は「2,452,000円」ですから、リスク資産合計「2,884,468円」と差引して+432,468円になります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

現在保有している米アマゾン、米テスラはいずれもNISA枠ですので、現在の利益43万円はほぼ手取りに近い額になると思います。

 

今回のテスラ売却分によって190万円弱の資金が手元に出来ましたので、これをどう投資していくか楽しみながら考えています。

 

短期間(1ヶ月以内)で2~5%の利益を得られるものに投資をしたいのですが、さて何か良い銘柄がありますかどうか。

 

※他の投資ブロガーの成績も確認しましょう↓

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村