「人工知能」関連銘柄に投資して老後資金5000万円を創りだす

48歳・自営業、妻子あり。将来の年金受給額は月84,000円(予定)。老後資金5000万円を貯める実録記。

年収1000万円未満で私立中学・高校に通わせるのは無謀なのか?

日曜日なので、少し投資を離れた「お金」の話でも。

 

うちの子どもは今、某私立高校の一年生です。

学校の教育には非常に満足しています。

しかし、中高一貫の私学に通わせるには当然に長期間にわたる高額な学費が必要であり、世間一般では年収1000万円前後の高収入世帯でないと難しいとも云われています。

ところが、私の収入はとえいば…

 

年収700万円弱です。

 

確かにその学校の他の家々は年収1000万円前後とかそれ以上の家が多そうです。
今冷静に考えると、そんなウチがよく中学受験を決意したものだと思いますが、決して充分に学費について計算の上で行った事ではなく「まあ、何とかなるだろう」程度のかなりいい加減なものでした。

 

が、まあ何とかなっているのも事実です(笑)。

 

授業料等は年間100万円弱ですが、海外も含め研修旅行なども多く結果的に年間100万円以上の教育費がかかっています。
年収700万円では確かに冷静に考えたら中高一貫私学は結構厳しいかもしれません。

 

但し、ウチの場合には一つだけ優位に進められるポイントがあります。
それは持ち家があり、ローンもないという点です。

 

一般的に40~50代のサラリーマンであれば住宅ローンを抱えてその支払いで年間100万円強の出費があります。
つまり、普通であれば住宅ローンに充てるべきお金をウチはそのまま子どもの学費に充てられているという事です。

 

では、年収700万円程度で住宅ローンがある場合は、子どもを私立中学高校に通わせるのは難しいかといえばそうとも言えません。

 

私は毎月10万円強を投資に充てています。
現在、48歳ですが70歳までこれを続ける予定です。
つまり、何とか月額10万円ほどは余剰資金(投資に回すお金)があるという事です。
逆にいえば、私は住宅ローンを支払う代わりに毎月投資をやれているとも云えます。

 

という事は、もし住宅ローンを抱えている場合でも本来は将来に向けた貯蓄・投資に回すべき10万円(月)を使って子どもを私立に通わせることは可能という事です。
但し、その場合には「将来の自分たち夫婦の老後資金を蓄積できない」という代償を負う必要があります。

 

しかししかし、もし大企業に勤務されている方なら退職金が千万円単位で払われるでしょうし、厚生年金に加入しているので将来の年金受給額も手厚いのでそれ程問題ないともいえます。

 

まあ、このような感じで年収1000万円未満の世帯ではあれこれ計算してみてください(贅沢さえしなければ何とかなる事に気付くと思います)。

 

下剋上受験-両親は中卒 それでも娘は最難関中学を目指した!

下剋上受験-両親は中卒 それでも娘は最難関中学を目指した!

 

 

特に昨今では、子どもが成人してもニート化して親を頼って親子共倒れ破産という事態も多くなっていますので、子どもに教育投資をしておく事は自らの老後をも助ける事になるかもしれません。

 

まあ、私は満足していますが、そもそも私立に通わせることが子どもにとってプラスになるかマイナスになるかも分からないので難しい判断ですが。

私立の良し悪しは別にして、とにかく金銭的には年収1000万円未満でも何とかやりくり出来ると思います。

 

 

 

※他の投資ブロガーの資産状況を見てみましょう↓

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村