「人工知能」関連銘柄に投資して老後資金5000万円を創りだす

48歳・自営業、妻子あり。将来の年金受給額は月84,000円(予定)。老後資金5000万円を貯める実録記。

IBM開発の人工知能「Watson」に投資しよう!

人工知能関連銘柄に投資をして運用益を出し、老後資金の形成をしていこうというのが当ブログの趣旨です。

 

私が現在保有しているのは国内の人工知能・ロボット関連の個別株式と、外国・国内の投資信託のみです。

 

外国の個別株式には全く投資していません。

 

しかし、人工知能開発の本場はやはりアメリカです。

なので、これからは海外(特に米国)株式へも投資をしていこうと考え、先ほど私が口座開設している「マネックス証券」にて米国株式の取引口座も開設しました。

 

わずかなクリックをしていくだけで簡単に外国株式の為の口座も開設できてしまうのですね。便利な世の中です。

 

さて、米国で人工知能といえばIBMの「Watson」が話題です。

最近は山手線の車内でもWatsonと各界著名人との対話動画が流れていて、面白くてつい見入ってしまった方も多いのではないでしょうか?(下記サイトで動画が見られますので是非)

 

www.ibm.com

 

上記ページには「Watsonは、それぞれの専門家たちから継続的に学習し…」と、明記されています。

 

つまり、Watsonは各分野で最高レベルにある専門家の知恵を取り込んでいくシステムである事が分かります。

 

これは私の前記事「人工知能の凄さ~その②「有能な専門家の暗黙知を素早く学習する」で記述した事と全く同じ話です。

 

www.65shikin.com

 

上記記事にも書きましたとおり、単に専門家から教えを受ける(ノウハウを貰う)だけでなく、その専門家自身もはっきりと伝えられないようなノウハウ(暗黙知)さえも学習の繰り返しにより身につけてしまうところが人工知能の凄みです。

 

という訳で、7月分の投資は米国IBM株を検討しています。

 

米国株式は一株単位で購入が出来、10万円未満でも投資できるのというのはハードルが低くて良いですね。

 

※他の投資家の動向も見てみましょう↓

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村