「人工知能」関連銘柄に投資して老後資金5000万円を創りだす

48歳・自営業、妻子あり。将来の年金受給額は月84,000円(予定)。老後資金5000万円を貯める実録記。

大失敗しました!まだまだ騰がる「2432DeNA」を売却した上、さらに高値で買い戻すという失態!!

やってしまいました…

 

本日も日経平均は上がる。

私が保有している「2432ディー・エヌ・エー」も上がる~という事は容易に想像がつきましたし、事実その通りになりました。

 

「7974任天堂」が6日に米国で配信を始めたスマホゲーム「ポケモンGO」がランキングTOPに立ち大ブームになっています。

 

www.pokemon.co.jp

 

任天堂の株価はまさにうなぎのぼり!

昨日はストップ高。今日も急上昇。

 

ディー・エヌ・エーは任天堂と資本提携をしているので、任天堂の株価が上がればディー・エヌ・エーの資産も単純に増えます。

円高解消もあり、かつこんな好材料ですから、そりゃあ上がります。

 

私は400株保有したまま寄り付きを見ますと、いきなり前日比+100円で始まっていました。

 

正直、これはちょっと過熱しているなと思いました。

この後、一時的に結構下がるのでは?と、素人考えで全て売却(下がったところで買い戻せばいいやと)。

 

その後、仕事の合間に2432の株価を見たら、さらにチャートが上にグングン伸びていました!

 

うわ、これは失敗したと観念しました。

 

しかし、これは買い戻すべきではないか?

2432は、まだまだ長期的に伸びる銘柄の筈。

おまけに自分は横浜DeNAベイスターズの30年以上のファンであり、ここで手放すのは情けない。

 

しかし、株価はどんどん上昇し、もはや午前中に売却した資金では買い戻せない状態になっていました。

でも、今買い戻さなければ、もはや買い直すタイミングがなくなる!

 

そんなこんなで、証券会社の口座に至急4万円を振り込み、買戻しを図りました。

 

…ええ、買い戻しましたよ。

午前中に売却した時は「2,668円」でしたが、買い戻したのは平均で「2,730円」。

その差額は62円(400株なので24,800円の無駄な資金を要しました)です。

 

おまけに、いちど売却したのでそこに税金もかかります。

 

それでも、まあ「何とか買い戻せた」と溜息をつきながら画面を見ると、今度は下げ始めています…

 

わざわざ課税されて、そして高値で買い戻し、買ったとたんに値が下がる。

 ありがちな、素人の右往左往ぶりです(笑)。

 

何て日だ!と、リアルに思いましたが、物事はポジティブに捉えなければなりません。

以下のように前向きに整理してみました。

 

(本日午前)

・6月23日に2,227円で購入したDeNA(400株)を2,668円で売却。

・この時点で「176,400円」の売却益を得た。

・税金を勘案しても14万円ほどの手取り利益は得た。

 

(本日午後)

 ・DeNAの株価を見ると、さらに急進。

・これはさらに伸びる銘柄と判断し、新たに同株を2,730円で400株購入。

・その後、値を下げ結果、2,712円で終値を迎えたので含み損失は7,200円。

 

という訳で、冷静に考えれば本日は(手数料、税金、買戻し後の値下がりを考慮しても)13万強の利益を得た一日だったと思いましょう。

 

そう、これまで保有していたDeNA株で利益確定を行い、その上で新たに(←ここ大事)有望と見込んだDeNA株を購入。

最後に少し含み損を抱えたものの、まだ伸びる可能性がある株を新たに購入できたので良い一日だった。

 

…そう、今日はそういう良い一日だったのです(←思い込むのに必死)。

 

(本日の一言)

「有望銘柄、一度手放したら手の届かぬところへ」

 

 ※他の投資ブロガーの落ち着きぶりを見ましょう↓

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村