「人工知能」関連銘柄に投資して老後資金5000万円を創りだす

48歳・自営業、妻子あり。将来の年金受給額は月84,000円(予定)。老後資金5000万円を貯める実録記。

投資に「夢」をのせても良いんじゃない?(日本の医療用サイボーグ型ロボットが世界へ)

これまで100株だけ保有していたCYBERDYNE(サイバーダイン)社<7779>を今朝、100株買い増ししました。

 

昨日、IRで米国に子会社を設立する事が発表されて、本日は大きく値を上げました。

 

同社の主力商品は「身体機能を改善・補助・拡張することができる、世界初のサイボーグ型ロボット」のHAL®です。

 

www.cyberdyne.jp

 

身体にHAL®を装着することで、「人」「機械」「情報」を融合させ、身体の不自由な方をアシストしたり、いつもより大きなチカラを出したり、さらに、脳・神経系への運動学習を促します。

 

身体に不自由な部分がある方も、このロボットスーツを身に着けることで自由に動かせる可能性が出てきます。

 

また、この技術の応用で重労働・災害現場で働く方をアシストする事も出来ます。

まさに、社会貢献としても投資先としても魅力的な会社といえます。

 

本社は東京なんかじゃないでずよ(笑)。

茨城県つくば市です。まさに技術ベンチャーです。カッコいいです!

 

社長の山海嘉之さんは工学博士ですし。

(でも、経営感覚もしっかりしていると思います)

 

今回、米国で子会社を設立するのはFDA(米国食品医薬品局)によるHAL医療用の医療機器承認を見越しての事。

 

FDA承認がされる可能性が高いとみての本日の株価上昇でしょう。

私も、もちろんこのステップUPを機にしての買い増しです。

 

但し、言っておきますが、会社はまだ利益なんか出ていませからね。

売上自体が十数億円なのに、研究開発費も十億円以上かかっていますからね。

 

でも、これぞベンチャー企業です。

赤字でも良いので、研究開発にはガンガン投資しなければ仕方ありません。

 

尚、このHALの技術ですが「軍事利用したら凄い儲かるのでは?」という声もありますし、実際、オファーもかなり多いようです(そりゃそうでしょう…)。

 

但し、山海社長は全て断っているそうです(すみません、ソースが見つかりませんでしたが、ネット情報ではそう書かれています)。

 

株式投資の格言で「企業に惚れてはいけない」と、よく云われます。

それも確かですが、この企業については惚れて投資するのも良いのではないでしょうか?

 

それにしても、企業というのは大企業であれ零細企業であれ「競合他社には真似できないレベルの差別化」を創り出せないと生き残れません。

そういう意味でも、こうしたCYBERDYNEのような会社は大好きです。

 

※他の投資ブロガーの動向も確認しましょう↓

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村