「人工知能」関連銘柄に投資して老後資金5000万円を創りだす

48歳・自営業、妻子あり。将来の年金受給額は月84,000円(予定)。老後資金5000万円を貯める実録記。

第2期の目標とする運用益は87,500円

私にとっての投資人生、第2期が明日から始まります。

 

現在の投資評価額は約185万円です。

第2期(2016年8月~2017年7月)も毎月、10万円ちょっと投資に回していきたいと思います。

 

なので、第2期の終わりには投資額は300万円ちょっとになる筈(運用損益により変化しますが)。

 

という事で第2期における平均運用額は250万円程度と推測されます。

 

このブログでは年利3.5%の複利で運用する事を目標としていますので、額に直すと第2期で87,500円ほどの運用益が出れば目標達成となります。

 

「利回り」で考えすぎると、いったいいくらの運用益が目標だったのか忘れてしまいそうなので、自分の覚書としてここに「額」で記載しておきます。

 

極端な話、明日(8月1日)、DeNA<2432>が急騰して300円値上がりすれば300株で9万円の運用益が出ますので、そこで手仕舞いすれば今期の目標達成で終了させても良い訳です。(まあ、300円騰がるような材料は無さそうですが)

 

1年間やって感じた事は、利益が出ている時でも利確するって意外と躊躇するもんだな…という点です。

 

せっかく伸びているのに、ここで一度手放して高騰してしまったら買い戻せないのではないかという不安に駆られる為です。

 

しかし、高値買戻しになったとしても、その株がまだ伸びると感じるのであれば別に売却価格など気にせず新たに購入すれば良いだけの話です。

 

その為にも、今期の目標額を明確にしておけば「87,500円以上の運用益が出て目標達成となるのだから、ここは利確」と決断しやすいですし、根拠が明確であればその後に高騰してしまっても精神衛生上も悪くないと思います。

 

もし、目標額を達成したらそこで第2期を終了して、翌日から前倒しで第3期を開始して再び目標運用額を目指すという方法でも良い訳です。

 

以上、明日からの自分への伝言です。

 

(以下、7月31日22時追記)

まあ、DeNA株が明日騰がる材料は無いですが、なんて書いたら以下の記事が出ました。

 

www3.nhk.or.jp

 

経済産業省が、大手物流会社(ヤマト運輸でしょう)と連携しながら無人の自動運転車を使って商品の運送を行う事業(ロボネコヤマト)に対し、今後資金面の支援や規制緩和を重点的に行うとの事。

 

自動運転は特に法律改正が重要ですから、国が支援してくれる事は必須ですね。

 

まあ、300円は騰がらないでしょうけど。

 

※他の投資ブロガーの動向も確認しましょう↓ 

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村