「人工知能」関連銘柄に投資して老後資金5000万円を創りだす

48歳・自営業、妻子あり。将来の年金受給額は月84,000円(予定)。老後資金5000万円を貯める実録記。

替えが効く人間の報酬は極限まで下げられるのは仕方ない現実(クローズアップ現代に想う)

f:id:shikin:20170202203655j:plain

昨日のNHKクローズアップ現代『副業貧乏に内職地獄?“ネット・ワーカー”残酷物語』は、自営業をやっている私から見たら違和感ありまくりの内容でした。

 

www.nhk.or.jp

 

最近は「時間や場所に縛られない」働き方としてフリーランスに憧れる、あるいは子育てとの両立で切実にそうした働き方をする以外にない。

 

理由は様々でしょうが、とにかくフリーを目指す人が多い。

番組では昨今問題になった「低賃金ライター」が取り上げらていました。

 

大手IT企業(名前は出したくないですが、DeNAなど)が、とにかくコンテンツを大量に量産して広告費を稼ぐために、記事の質など構わずにとにかく安くライターに書かせる。

 

一文字1円どころか、一文字0.5円などライターに支払われる報酬はもう常軌を逸していました。

 

「そんな馬鹿々々しい報酬でライターなんか出来ない!」

 

と言って、書き手が誰もいなくなるかと思えば、そうはなりません。

ライター側も価格競争を始めて、安くても何とか仕事を取ろうとしました。

 

そして、そんな低価格で真剣にオリジナル記事を書いていたら時給100円を切りますので(番組内でも、初め真剣にオリジナル記事を書いていたら時給96円になったという話が出てましたね)、結局はネット上にある他のコンテンツから適当に切り貼りして納品してしまう。

 

大手IT企業の方も質なんか問わないから、それでOKになってしまう。

結果として、著作権無視、事実誤認のコンテンツがネット上に溢れ、DeNAの謝罪会見にまで発展した訳です。

 

まあ、まず問題なのは当然にそんな結末が見えていながら低報酬でコンテンツを粗製乱造させた企業です。

 

しかし、番組内ではフリーランスの方々(自由な働き方を実現した方々)が「フリーランスを守る仕組みを作るべきだ」と訴えていました。

 

中には「これは雇用されているのと同じだから、従業員と看做して法律を適用させるべきだ」みたいな動きもありました。

 

この点に関しては、自営業(=フリーランス)をしている私は純粋に驚いてしまいました。

 

雇用されるような働き方が嫌だからフリーランスになったのではないの?

 

と、思わずゴハンを食べかけていた箸が止まってしまった程です。

 

「自由」を得るからには「リスク」を背負うのは当然ではないのか?

それなのに、発注元だか行政に守ってくれというのは無理でしょ!

 

心の中で、しばし毒づいてしまいました。

あまり毒ばかり吐きたくはありませんが、心の叫びは止まりませんでした。

 

低価格でいいように使われてしまうのは貴方の替わりがいくらでもいるからではないのか!?

 

誰に発注しても同じものなら、それは発注者はどんどん報酬を下げるのは当然だよ!

 

フリーでやるなら、他の人には出来ない事(その人にしか書けない専門知識をもったライターになる等)を出来るようにして高くても発注されるようにならないと!!

 

…偉そうにスミマセン。

 

でも、私も自営業のはしくれとして、どうしたら競合が出来ないようなサービスを自分が提供できるようになるか?

 

という事に心血を注ぎ、日々、お客さん(市場)の審判と闘っていますので、何の差別化もない状態でフリーランスで稼げると思っている、挙句の果てにはフリーランスを守る仕組みがないのはおかしい!という意見を聞かされて(純粋に)愕然としてしまったのです。

 

「フリーランス」「ネットワーカー」…名称は何でもいいですが、要は自営業なのですから誰も守ってくれないのは前提です(その分、自由です)。

その中で本気で仕事をしようと思うなら、代替の効かない何らかの武器を身に付けてから戦いましょう!(…じゃないと本当に酷い目に遭いますので)

 

すみません、忙しすぎて、ちょっとストレスが溜まっているのかも(笑)。

 

※他の投資ブロガーの成績も確認しましょう↓

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村