「人工知能」関連銘柄に投資して老後資金5000万円を創りだす

48歳・自営業、妻子あり。将来の年金受給額は月84,000円(予定)。老後資金5000万円を貯める実録記。

投資能力を上げるより仕事頑張るほうが手っ取り早い!

f:id:shikin:20170223175256j:plain

 

私も80万円分ほど保有している米テスラ(電気自動車メーカー)の決算発表が今朝方(日本時間)あり、まあ好決算といえる内容だったようです。

 

好決算と云っても「予想より赤字額が少なかった」という事なのですが、時間外では前日比で4ドルくらいは高値になっているようです。

 

天才イーロンマスク率いるテスラ株は、ゆくゆく、とてつもない高利回りを叩き出してくれるのではないかとスケベ心を持っております。

 

本日は、そんな自分の為に「高利回り」の話を一席…(笑)

 

投資を始めると「他人よりも高い利回りを出せるような能力を身に着けよう!」などという妄想に囚われることがあります(←じぶん)。

 

でも、よくよく考えてみると世間一般に期待できる利回りを超えるには相応の才能・努力が必要です。

 

機関投資家や天才投資家がひしめく世界で、平均を超えるなど冷静に考えてみれば正気の沙汰ではないのですが、これが何故か出来るような気がしてしまう(笑)。

 

もちろん、ある程度は努力で何とかなるのかもしれません。

 

たとえば、インデックス投資のようなもので仮に利回りが平均して5%とれるのだとします(つまり、何も考えずに投資して5%の利回りが得られる世界と仮定します)。

 

そうした世界で6~7%を叩き出すことが出来ればかなり優秀といえます。

 

もし、平均5%のなかで10%の利回りを持続できたら「お前にオレの金を託す」という友人・知人が押し寄せること必至です。

 

そこで、月10万円の積立投資で年利5%で10年間運用した場合と、同じ条件で年利10%で運用した場合の運用益の差をみてみましょう。

 

年利5%(毎月10万円を10年間積立てする)

・10年間の元金合計…12,000,000円

・10年間の運用益…3,848,145円

・元利合計…15,848,145円

 

年利10%(毎月10万円を10年間積立てする)

・10年間の元金合計…12,000,000円

・10年間の運用益…9,037,400円

・元利合計…21,037,400円

 

おおっ!

さすがに10%運用は凄いです。

5%の場合の運用益が「380万円」なのに対して10%だと「900万円」です!!

元利合計も「2100万円」になっています。

 

しかし、これが出来るのは特別な才能に恵まれているか、人並はずれて投資の勉強をされた一部の方です。

 

…で、投資の天才になれない私としては、やはり人並み外れた利回りを叩き出せるような努力をするよりも「仕事頑張って、月5万円多く積み立てられるようにしたほうが手っ取り早いんじゃね?」と悟り、年利5%で積立て額を5万円増額(つまり毎月15万円積立て)した場合にどうなるのかを計算してみました。

 

年利5%(毎月15万円を10年間積立てする)

・10年間の元金合計…18,000,000円

・10年間の運用益…5,772,217円

・元利合計…23,772,217円

 

お~~っ、なるほど!

 

運用益は「570万円」ですから10%利回りの「900万円」には及びませんが、元利合計は「2370万円」となっており利回り10%の「2100万円」よりも多くなります。

 

これは世界情勢の分析、金融工学、会計学を一から学ぶより、5万円増額のほうが絶対に手っ取り早い!(←というか自分にはそれしか選択肢がない)

 

私の場合、自営業ですから5万円の増額は自分の頑張り次第。

サラリーマンの方の場合には急に給料5万円UPは難しいでしょうが、自身の能力向上・出世によって将来的に5万円増額は可能でしょう。

 

平均して利回り10%なんていう天才になる夢を見るより、かなり手っ取り早いようです。

本業、頑張りましょう!

 

※他の投資ブロガーの成績も確認しましょう↓

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村