「人工知能」関連銘柄に投資して老後資金5000万円を創りだす

48歳・自営業、妻子あり。将来の年金受給額は月84,000円(予定)。老後資金5000万円を貯める実録記。

書評『仮想通貨とブロックチェーン』~有事は円ではなくビットコインでしょう~

 

仮想通貨とブロックチェーン (日経文庫)

仮想通貨とブロックチェーン (日経文庫)

 

 

とうとう「仮想通貨法」まで施行されて無視できない存在になってきた仮想通貨~というかビットコインですので、関連書籍を読んでみました。

 

「仮想通貨」とはいいますが、そもそも円でもドルでも通貨なんていうのはそれ自体に実体としての価値がない紙キレなのですから、通貨なんて「仮想」なのが当たり前でしょ…という姿勢で読み始めました。

 

そんな私の期待に応えて本書は「通貨とは何か?」という根源的な問いから始めてくれますので分かりやすかったです。

「そろそろ仮想通貨について少し真剣に考えてみようか」という方は本書から入られると良いかと思います。

 

最近はみなさん同じと思いますが、書籍を読みながら疑問点が出てくるとそのキーワードについてネット検索して自分なりに理解をしながら読み進めていきました。

私なりに気になった部分をメモしてみます。

 

 

1.仮想通貨は発行する主体が存在しない(=誰も責任はとってくれない)

「円」であれば日本国が発行して、事実上発行量も調整します。

円の信頼が落ちないように(おそらく)責任を持って運営しています。

商品券もその発行者の方で管理をしています。

つまり、既存の通貨やそれに相当するものは「中央集権」で運営管理し責任を持ってくれている訳です。

なのに、ビットコインに代表される仮想通貨は発行者(責任者)が存在しない。非中央集権です。

それなのに意外としっかり運営されている。不正が起きにくい仕組みになっています。

すごく分かりやすくいってしまえば、ボランティアで運営されているようなものです。

いえ、決済の正当性を証明する人たち(マイナー=採掘者)は取引検証作業の対価として報酬(ビットコイン)を貰えるのでボランティアではないのですが、イメージとしてはそんな感じ。

本書によれば人間心理にも配慮した絶妙な仕組みで不正は起きにくく、きちんと決済されて信頼が保たれる仕組みなのだとか。

但し、何か起きたときに私たちのビットコインがどこまで守られるか?そこは一抹の不安が残ります(尤も、国家が発行する通貨も完全に安心できないので変わらないとも云えますが…)。

 

2.ビットコインは発行量に上限がある(=インフレを起こしにくい)

私がいちばん気になったのが、仮想通貨(ビットコイン)の発行量です。

もし、国家が発行する通貨と同様に発行量に上限がないのだとすれば、発行量が増えるごとに1BTC(ビットコインの単位)の価値は減っていきます。インフレが起こります。

ところが、驚くべきことにビットコインには供給量に上限があるといいます!

これを知った瞬間に私は、

 

「なら有事には円ではなく、ビットコインだろ!!」

 

と、心の中で叫びました(今更遅いよ!と、ツッコまれそうですが、これまでビットコインについて調べた事が一度もありませんでした)。

ビットコインの供給上限は2100万個(BTC)。

現在供給されているのは約1600万個。2033年には総量の99%が供給されるとの事。

ちなみに、発行主体が存在しないのに誰がどうやって新たなビットコインを供給するのか不思議に思うでしょうが、このビットコインというものは「発掘」されるのです!!

私には発掘という言葉がピンときませんが、日々行われるビットコイン取引の正当性を証明する作業をした人に報酬として新たなビットコインが与えられます(それが発掘なのだとか)。

余談ですが「発掘」という言葉を使用するのは、ビットコインはそもそも金(ゴールド)をイメージして創造されたシステムである事に関連しているようです。

つまり、ビットコインとは「金本位制」の復活なのです。

本来、通貨には実体として価値があるべきですが、現代の円やドルには裏付けがなくなっています。皆が一万円札には一万円の価値があると信じる信仰だけで成り立っています。

その為に、国家は財政が苦しくなれば通貨を発行しまくって価値を落とし(インフレにして)国家の赤字を帳消しにするというマジックも使えます。

そのおかしさに一石を投じているところがビットコインの奥深さでしょう。

ちなみに、ビットコインの供給上限は2100万個ですが、金(ゴールド)は自然界に約21万トンしか存在しないそうです。完全に金本位制を意識した、しびれるようなプログラミングですね。

 

3.国家にとってはやっかいな相手である筈

通貨だけではありませんが、こうして国家の枠を超えたコミュニティが出来ていくのは国家としては望ましものではないでしょう。

つまり、国家の通貨運営がずさんで信頼ならないものになれば世界共通通貨であるビットコインに変えてしまおうという流れが加速する筈です。

SNS等で出来上がる国家の枠を超えたコミュニティが強くなると、国家の威信はどんどん落ちていきます。

戦国時代の大名と宗教団体との戦いにおいても、大名にとっては自領の武士・農民が敵に回るのですから、これほど困る事はありません。国家を超えて結束される事態は国家の崩壊に繋がります。

かつて、中国人民銀行は銀行や決済処理業者がビットコイン関連のサービスを提供する事を禁じて、その際にはビットコイン価格が急落したそうです。

今後もこうした形でビットコインが急落したり、各国の法規制で追い詰められる事も有り得ますので、仮想通貨で財産を守ろう(あるいは増やそう)と考える人はそうしたリスクも充分に考慮する必要があります。

 

 

この他に本書のテーマとして挙げられているビットコイン運営を支える「ブロックチェーン」なる技術も非常に興味深いです。

この技術を使えば通貨に限らず、様々な権利の移転がスムーズに行われる気がします。

しかし、そうなっていくとますます「国家って何よ?必要?」という大問題が表面化してきます。

 

また、北朝鮮危機をはじめ様々な地政学リスクに直面している私たちは特定の国家の通貨を持つよりもどの国家にも属さない仮想通貨に振替えておいた方がいざという時に助かるかもしれません。

但し、ビットコインは地政学リスクには強いかもしれませんが、国家に敵視されて崩壊する可能性も考えておかなければなりませんので簡単ではありません。

 

また、投資先として考えても面白い気はします。

北朝鮮危機が現実化すれば(しないで欲しいですが)「日本円だけで持っているのも怖くねえか?」と思う人が続出するかもしれません。

 

その時にドル資産に変えようと考える人もいるでしょうが、もはやドルだって怖いとも考えられます。

供給量が限られたビットコインに変えておく方がいいのでは~と、考える人がこれから多くなればビットコイン価格は上ります(なんせ供給量が限られているのですから、価値は落ちにくいです)。

 

私も試しに数万円分購入してみようと思います。

実際にやってみると勉強になりますので。

 

※他の投資ブロガーの成績も確認しましょう↓

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村